海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ヒメジ・フエダイ・フエフキダイの仲間

Izuzuki Diver

タカサゴヒメジ

Parupeneus heptacanthus

タカサゴヒメジ
2006年11月 大瀬崎 -15m

ヒメジの仲間は意外と種類が多いから撮り比べてみるとおもしろいのかも知れないけど、やっぱり地味すぎるせいか、ダイバーの間でブレークしそうな気配は全くありません。きっと、ヒゲの先の色が微妙に違う新種とかがいたとしても、ダイバーに気づかれることは当分無いのでしょう。
もっとも、ヒメジ達にとってもその方が静かに暮らせて良いのだろうけど。。。

「今週の〇〇~!! 第363回 仲間探しは得意(2007-10-09)」より
ぴかぴか
ヒメジの仲間は着底してから色がつくまで時間がかかるみたいで、ピカピカなヤツを見かける度合いが高いです。とは言っても、やっぱりピカピカの姿で何日も海底で暮らすのはリスキーなんじゃないかと思うんで、そんなに日にちは経ってないでしょう。それなのにちゃっかり先輩のタカサゴヒメジを見つけてグループに紛れ込めるのはどうしてかわかりませんが、この逞しさが生きて行くためには必要なんでしょうね。
(2007-10 大瀬崎 -20m)

お勧め Watching Point

岩場と砂地の境で見ることが多いように思います。伊豆では死滅回遊魚だと思うんだけど、大人もいるような。。。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク