海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハゼの仲間

Izuzuki Diver

オオガラスハゼ

Bryaninops amplus

オオガラスハゼ
2005年4月 IOP(伊豆海洋公園) -31m

バックを黒く落とせないビデオでは、こーゆーサカナの輪郭を出すのが難しい。。。
かといって、スチールカメラでは、フラフラする小さなサカナにピントを合わせるのが難しい。。。
よーするに腕を上げればいいんだけど、それが一番難しい。。。(汗)

なーんて言ってましたが、スチールでそれなりに撮れました。と言っても、腕が上がったわけではなく、ちゃんとその気になって撮れば、そんなに難しくもなかっただけなんですが。。。(^^;;

コイツは、と言うかIOPで見かけるオオガラスハゼは、背ビレ下のシマシマは背ビレの前にあるような気がするんで、「日本のハゼ」を見るとオオガラスハゼよりガラスハゼ属の1種-1の方が近いような気もしますが、やや微妙。。。

オオガラスハゼIOPには外海@大瀬崎と比べると圧倒的にエダムチヤギが少ないんだけど、その代わりと言っては何ですが、めちゃめちゃ立派なエダムチヤギが生えてます。そしてそこにはデカいガラスハゼがたくさん付いていて、「さすがにデカいエダムチヤギ付くガラスハゼはデカいなぁ」などと思ってたのですが、実はオオガラスハゼというサカナでした。なるほど、よく見ればガラスハゼより面長です。

オオガラスハゼygコイツは体つきもちょっとずんぐりしてて口も尖ってないから、この写真だけ見るとガラスハゼっぽくも見えるけど、同じヤギには大小のオオガラスハゼが棲んでるからオオガラスハゼのygなのでしょうネ。
(2004-09 IOP -28m)

オオガラスハゼのペアのうちの1匹
オオガラスハゼのペアのうちの1匹

ムチカラマツに暮らしてたオオガラスハゼのペアです。ムチカラマツはポリプの一部が剥がされていて、産卵場所は確保されてましたが、卵はありません。ひょっとして産卵直前かも~と思ってペアを1匹づつ撮影してみました。すると、1匹はお腹がぷっくり膨らんで白い何かが詰まっているようですが、もう1匹はお腹がややぷっくり膨らんでて詰まっている何かは透明です。
で、結局どっちが♀なのか?産卵が近いのか?など、何もわかりません。(汗)
(2005-02 大瀬崎 -22m)

卵を世話するオオガラスハゼブリマチ@IOP方面に生えてる立派なエダムチヤギをのぞいてみたら、今年も10匹以上のオオガラスハゼでにぎわっていました。その中の一匹が小刻みにヘコヘコ動いてて不審です。と思ったら、卵を世話するお父さんでした。腹ビレをデッキブラシのように使ってゴシゴシやってました。
(2005-11 IOP -28m)

お勧め Watching Point

秋から冬にかけて出会えます。IOPではガラスハゼより多い気がします。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク