海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハゼの仲間

Izuzuki Diver

クロユリハゼ

Ptereleotris evides

クロユリハゼ
2006年11月 大瀬崎 -6m

クロユリハゼは毎年伊豆の海に現れるお馴染みの死滅回遊魚で、秋になるとあちこちで群れてます。ただ、ちょっと警戒心が強くてなかなか近づかせてくれません。このままじゃちっこくしか写ってない写真ばっかり量産されちゃうから、まぁいい、伊豆ダイバーの姑息な撮影テクニック(も少し水温が下がって動きが鈍くなったら撮る)を使っちゃると思うのですが、、、気が付くと姿が見えなくなってるのです。(/_;)

クロユリハゼyg子供のクロユリハゼはなんだかゴボウみたいな貧相な感じ。。。
(2004-11 IOP -5m)

クロユリハゼygさらにちっちゃいクロユリハゼに出会いました。こんなスケルトンなヤツでも、ヒレの形とかを良く見るとしっかりクロユリハゼなんです。
(2004-11 IOP -5m)

「今週の〇〇~!! 第553回 クログロユリハゼ(2016-01-04)」より
クロユリハゼ肉眼では黒いパンツをはいたイメージのクロユリハゼなのですが、写真に撮ってみるとなかなか黒パンツのイメージで撮れません。撮り方がヘタッピなのはもちろんですが、実は黒パンツになっているように見えても、まだ若い個体は黒が薄いのかもしれません。2015年から2016年にかけての死滅回遊魚シーズンは、例年よりクロユリハゼの数が多い&大きいので、クログロユリハゼになってるかな。
(2015-12 大瀬崎 -5m)

お勧め Watching Point

秋の伊豆にはたくさんいます。オトナになるヤツも結構いますヨ。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク