海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハゼの仲間

Izuzuki Diver

ダテハゼ

Amblyeleotris japonica

ダテハゼ
2011年6月 大瀬崎 -7m

こいつは伊豆で一番オーソドックスな共生ハゼです。共生ハゼってのは、テッポウエビの巣穴に棲んでて、食べられちゃいそうなサカナとかダイバーが近付いて身の危険を感じると 、ピュッと巣穴に隠れちゃう、そーゆーいけずなヤツラなんです。
でもたまにホームレスなヤツがいます。案外ヤドカリの貝殻のように、エビを奪い合ってバトルしてるのかも。

ダテハゼyg目の下に茶色いラインがあるからミナミダテハゼかと思ったのですが、チビのダテハゼにはこのラインがうっすらと出ることはあるみたいですね。
(2004-10 IOP -22m)

顔の黒いダテハゼyg変わったハゼの存在に気付くためには普通種もちゃんと知っておかないとね。ってことで、ダテハゼのチビを改めて撮ってみました。コイツみたいに顔が黒くなることが多い気がします。
(2005-11 IOP -25m)

ダテハゼのディスプレイ6月になるとサカナたちの動きが活発になってきて、ただただ潜ってそのヘンのサカナたち眺めてるだけで楽しい季節です。
ダテハゼ達もそこいらで何やらディスプレイしています。
このディスプレイの意味は、求愛なのか威嚇なのかイマイチわかりませんが、ともかく見ていて飽きません。(でも目移りはしちゃいます)
(2017-06 大瀬崎 -5m)

お勧め Watching Point

伊豆ではフツーのサカナだけど、IOPではそれほど目に付くサカナではありません。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク