海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハゼの仲間

Izuzuki Diver

アカイソハゼ

Eviota masudai

アカイソハゼ
2005年6月 大瀬崎 -4m

アカイソハゼは伊豆でダイビングしてて一番目に付くハゼの1つですが、名前が付いたのはわりと最近なんです。なんで?って思うけど、紛らわしいヤツが結構いるようなんでしょうがない。自分がアカイソハゼだって思ってる魚がホントに1種類のサカナなのか?どこまでがアカイソハゼなのか?なんて、証明するのはちょっと気が遠くなりそう。

ちなみに写真は♂です。背ビレのキョクが伸びるのが♂の特徴らしい。

2006年3月学名が付いたようです。

キレイなアカイソハゼコイツは若い♀でしょうか?
♀は背ビレが伸びないそうです。

アカイソハゼyg近づいただけでバビューンといなくなっちゃうアカイソハゼの子供だけど、たまにキョトンとしてるヤツがいて、そんなヤツは格好の被写体になってくれます。

アカイソハゼnupその辺でチョロチョロしてるだけにも思えちゃうアカイソハゼといえど、♂は凄い色を出して♀を誘うんですね。
あ~、、、ちゃんと撮り直さなくちゃ。
(2004-11 IOP -8m)

アカイソハゼの♀アカイソハゼの典型的な♀です。背ビレのキョクは伸びないらしい。
僕はアカイソハゼの臀ビレがしましまなのが結構好き。(^^
(2005-06 大瀬崎 -4m)

お勧め Watching Point

伊豆全般で浅い岩礁でフツーに遭遇できると思います

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク