海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハゼの仲間

Izuzuki Diver

アゴハゼ

Chaenogobius annularis

アゴハゼ
2014年7月 須崎恵比須島 -0.2m

恵比須島@須崎のタイドプールの一番浅いところにたくさんいたこのサカナ、いっぱいいるわりにはアゴハゼかドロメかハッキリしません。うーん、AUNJで議論になった時のWEBページによれば、アゴハゼになるのかな?今度行ったときには、着底したドロメがいるかも確認しておこっと。

アゴハゼyg2016年の春、湾内@大瀬崎の波打ち際に近いところにたまってたアゴハゼのの幼魚っぽいサカナ。この時期大瀬崎で良く見かけるドロメとはなんだか棲んでる場所も違うし、尾びれの黒斑の辺りが黄色く縁どられてないし、これこそアゴハゼの幼魚かな?と思うのですが、どうでしょう?
(2016-04 大瀬崎 -0.3m)

お勧め Watching Point

水たまりのような浅いタイドプールにたくさんいました。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク