海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハタ・ハナダイの仲間

Izuzuki Diver

シロオビハナダイ

Pseudanthias leucozonus

シロオビハナダイ
2012年1月 大瀬崎 -35m

潜水技術の進化によって海外でも見つかっているようで、日本固有種とは言えなくなってしまったようですが、ダイビングで出会えると言う点で、「伊豆ならでは」と言っちゃってもイイかな~って思います。

写真のヤツは、2011年の秋から岬の先端@大瀬崎の-35mに定着しているヤツなんだけど、この種にしては浅いし、エントリ口からも近くて行きやすいし、着底してカメラを構えられる撮りやすいシチュエーションなんで、多くのダイバーが通っていました。僕は一通り皆が撮影した頃に行ったせいか、カメラを全く恐れない超イイコに育っていました。(^^;;)

「今週の〇〇~!! 第234回 わかりにくい(2005-03-01)」より
シロオビハナダイのメスシロオビハナダイの♀を初めてマジマジと眺めることができました。♂は遠くからでもよく目立つ風貌なんですが、♀は腹ビレの色をチェックできないと全くもってナガハナダイの♀と一緒。。。わかりにくいです。
この日はいつも隠れる亀裂に先に逃げ込んだ♂に追い出されて、所在無くウロウロしてたところを撮影させてもらいました。(^^
(2005-02 IOP -53m)

シロオビハナダイの婚姻色かつて2の根@IOPの先端-35m~40mに棲みついてたシロオビハナダイの♂がいて、一所懸命サクラダイの♀に婚姻色を出していることから仲間内から「バカシロオビ」と呼ばれていたんだけど、岬の先端@大瀬崎の-35mに現れたヤツも、一所懸命ナガハナダイの♀に婚姻色を出していました。。。(^^;;
ただ、周りにはキンギョハナダイもいたんだけど、ナガハナダイを選んで求愛しているあたり、ヤツなりに考えているようです。
(2012-01 大瀬崎 -35m)

お勧め Watching Point

IOPの深場や大瀬崎の深場でポツポツと見かけます。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク