海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハタ・ハナダイの仲間

Izuzuki Diver

ニシキハナダイ

Plectranthias sagamiensis

ニシキハナダイ
2004年8月 IOP(伊豆海洋公園) -46m

僕がはじめてニシキハナダイなるサカナを知ったのは、某ダイビングショップのHPに名前が載ってるのを見てからでした。ハナダイと名のつくサカナはとりあえず見ておきたい僕は、早速"魚類写真資料データベース"で検索してみました。そしたら出てくる出てくる、地味~なゴンベの写真が。。。。(笑)
ところがある日、友人が岬の先端@大瀬崎でニシキハナダイをビデオに収めてきたので見せてもらったら、頭が赤くてキレイじゃないか~!!そのとき、ニシキハナダイは僕の憧れのサカナリストに載せられたのです。
その後友人がビデオに撮った場所には何回か行ってみたけど見られずで、僕とニシキハナダイがブリマチ@IOPで初対面を果たしたのは、結局ビデオを見てから半年が経過してました。

それにしても、顔が赤くなるのは、何でなんだろう?婚姻色?興奮色?写真を撮ろうと思ったら消えちゃったよ~。(T~T)

「今週の〇〇~!! 第14回 初めてのイズ、ニシキハナダイ(2000-09-29)」より
ニシキハナダイいずずきを表明する僕ですが、イズハナダイの仲間は今まで見ることができなかった憧れの魚です。なぜならイズハナダイの仲間は深~い海底に棲み、泳ぎ回ることもあまりしないので、コツを掴んでないと、なかなか見つけにくいのです。。。と思ふ。
ところで、初めて見た憧れのニシキハナダイの印象は、、、姿形も動きも全くもってゴンベそのもの。。。(笑)

お勧め Watching Point

大瀬崎やIOPの深~いところ。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク