海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハタ・ハナダイの仲間

Izuzuki Diver

ホカケハナダイ

Rabaulichthys suzukii

sailfin.jpg
1999年10月 大瀬崎 -7m

このハナダイは、'98年の初冬から西伊豆の土肥や大瀬崎に出現した謎のハナダイとして話題になった奴です。いままで日本で記録された事がないといわれる魚が突然伊豆の海に現れて、しかもそれが1匹や2匹の出現ではなく、何十匹という単位で、現れたというのはオドロキですね。
沖縄あたりでは高水温が続いたためにサンゴの白化が騒がれた1998年でしたが、伊豆の海もずっと水温が高い状態が続いてました。こんな魚が現れるのもそのせいかも知れません。やっぱり、1998年の海はかなり変でしたが、ダイバーとしては楽しませてもらいました。って、喜んでちゃマズイんだろうな。。。やっぱり。。。。
パプアニューギニアにいるセイルフィンアンティアスじゃないかという話ですが、いくらなんでもそんなところの魚がなんで????

てっきりRabaulichthys stigmaticusだと信じてたけど新種だったそうです。ただ残念ながら2001年現在コイツの生息が確認されてるところは無いんじゃないでしょうか?ってことは、新種登録されたときには既に絶滅してるって事?(2001-05-01追記)

絶滅しちゃったのかな?と思ってたけど、最近になって石垣島や柏島にもいたという話を聞くようになった。ってことは、とりあえず日本の海の各所でダイバーに見つからず暮らしているヤツラはまだまだいそうな感じですね。絶滅してなくて良かったヨ。(^^) (2001-10-09追記)

「今週の〇〇~!! 第148回 イタリアン?(2003-05-27)」より
ホカケハナダイnupみんな一通り写真を撮ったのかな?最近はほぼ独占状態で眺めていられるホカケハナダイに会ってきました。
♂はおしっこを我慢してるかのような落ち着きのない泳ぎでエサを食べたりケンカしたりしてるのですが、♀と目が合った瞬間、とりあえず♀の元に飛んで行ってフラッシングします。でもまだ時間がまだ早いのか、♂のド派手なフラッシングにも♀はほとんど無視なのですが、ふられた♂の方も落ち込むわけでもなく、またおしっこを我慢したように泳ぎ回ります。
ホカケハナダイの世界では、♀と目が合ったらとりあえず口説くのが礼儀のようです。(笑)
ちなみに、ホカケハナダイの婚姻色のことをバディは「ゾンビ」と呼んでいます。ヒドイ表現だけど、ピッタリ。。。

 (1,017KB)

ホカケハナダイyg2002年や2011年に、大瀬崎や黄金崎にチビッコが登場しています。チビッコはメチャクチャ地味で、メチャクチャ素早い。キンギョハナダイの群れの中から見つけ出すのはちょっとゲーム感覚です。
(2012-01 大瀬崎 -5m)

ホカケハナダイ2012年の秋、ホカケハナダイは久しぶりの豊作のようです。全貌はわかりませんが、岬の先端@大瀬崎では所々で観察されているようです。僕もたまたま目の前に2~3匹いたので撮影しておきました。久しぶりにゾンビ婚姻色の♂に出会えるかな?o(^^)o
(2012-11 大瀬崎 -17m)

ホカケハナダイ♂の通常の色♂のまったり色です。2013年はホカケハナダイの当たり年だったんで、本当は婚姻色を狙いたかったですが、機会を逃して撮れずじまいでした。(^^;;
(2013-12 大瀬崎 -13m)

お勧め Watching Point

1998年ぐらいから2000年ぐらいまで、西伊豆大瀬崎の岬の先端水深5m~7mくらいで、群れてたんだけど、2001年には一度姿を消してしまいました。その後は数年おきに現れているようです。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク