海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ハタ・ハナダイの仲間

Izuzuki Diver

アカオビハナダイ

Pseudanthias rubrizonatus

アカオビハナダイ
2014年9月 大瀬崎 -20m

この日はいつもより早く大瀬崎に着けたので、アカオビハナダイの産卵を見に行きました。産む!と思った瞬間、もう産んでるので巻きき付きのタイミングでシャッターを切るのは難易度高そうです。 写真はジグザグしてるところですが、背ビレの後ろの方だけ広げるのは、他のハナダイと一緒ですね。

「今週の〇〇~!! 第171回 やっぱりキレイなサカナはイイ(2003-12-05)」より
アカオビハナダイ♂最近今週の○○~!!に登場するのはジミなヤツラばっかりだから、たまにはキレイどころ(と言っても♂なんですけどネ)を載せてみます。バックのナガハナダイが邪魔だな~。。。それにしても、今度レタッチして取っておきますね。(^^;;
(2012-07 大瀬崎 -20m)

アカオビハナダイ♂普段の♂はこんな色してます。
いやっ、立派なサイズの♂は普段からバリバリに婚姻色を出してるから、ストロボを2~3発焚いてちょっとビビらせたときの色って言ったほうが正確だったりするかな?

アカオビハナダイ♀これは赤帯が出ていなから♀です。
光を当てちゃうとわかりにくいんだけど、実際に水中で見ると薄紫がかった体の色をしていて、周りにいるナガハナダイの♀とは全然違って見えます。

アカオビハナダイyg以前はよくケラマハナダイって言われてましたが、尻尾の先っちょの赤い部分が上下くっついてないから、やっぱりアカオビハナダイのチビかね~。
(2006-01 大瀬崎 -50m)

エサをキャッチする瞬間エサをキャッチする瞬間と思しき写真が偶然撮れてました。コイツが食わんとしているものが何なのかはわかりませんが、どんより流れてくる浮遊物の中で食えそうなものを見分ける目の良さには脱帽です。
(2007-09 大瀬崎 -11m)

たまにクマソハナダイと混同されてることがありますが、クマソハナダイというサカナは昔の標本が1個体あるだけの幻の魚で、一応別の種類のサカナです。日本産魚類大図鑑(東海大学出版会)に、当時和名の無かったアカオビハナダイがクマソハナダイと(誤同定されて)掲載されてたのが混乱の原因だと思います。

アカオビハナダイnupこのときは流れも濁りもあったためか、群れの♀たちはエサを食べるのに夢中だったけど、♂達はみんなイイ色を出して♀にディスプレイしていました。こんなとき、♂はちゃんと食っておかなくて良いのだろうか???
(2012-07 大瀬崎 -20m)

お勧め Watching Point

岬の先端@大瀬崎がやっぱり見やすいです。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク