海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > エソの仲間

Izuzuki Diver

オキエソ

Trachinocephalus myops

オキエソ
2007年9月 大瀬崎 -6m

オキエソは顔つきが丸顔で、正面から見るとドラえもんに似てなくもないですが、歯の鋭さがエソなので、全然かわいくはないです。見かけるときはいつも体を砂に埋めてて、ギラギラした目だけが常に獲物を狙ってます。獲物が目の前をとおったら飛び出して捕まえるのでしょうが、その瞬間は一度も目にしたことがない。一度見てみたいなぁ。待ち伏せ系の魚は、常に泳ぎまわってる魚みたいにエネルギーをたくさん使わないってことだから、そんなにエサを食わなくてもすんじゃうってこと。だから、待ち伏せ系の魚の捕食シーンは貴重なのですね。

砂に潜ったオキエソオキエソは砂に潜っててもわかりやすい。逆に、メガネウオを探して砂の窪みに目を凝らすと、出てくるのはオキエソばかりなんてこともありました。オキエソ自身も、自分の砂被りの術にあまり自信がないのか、ダイバーが近づくとすぐに逃げていってしまいます。同じく砂を被る魚でも、ヒラメとかは全然逃げないんだけどねぇ。
(2007-08 大瀬崎 -8m)

お勧め Watching Point

湾内@大瀬崎にはたくさんいますが、IOPでは出会った記憶がありません。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク