海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > チョウチョウウオの仲間

Izuzuki Diver

チョウチョウウオ

Chaetodon auripes

チョウチョウウオ
2014年9月 大瀬崎 -5m

夏から秋にかけて、伊豆の海にもチョウチョウウオの仲間は何種類かやってくるけど、コンスタントに冬を越して大人になれるのはコイツとシラコダイぐらいのものです。ただ、コイツは大人になれたからと言っても、繁殖はできないって聞いたことがあります。チョウチョウウオの中では地味なヤツだけど、伊豆の海底ではかなり目立つから生きて行くのは大変だろうに繁殖できないだなんて。。。生態ずきの僕も悲しい。(笑)ひょっとしたら地球が温暖化するのを待ってるんだね。きっと。

マメチョウチョウチョウウオの仲間は、頭を骨に覆われて浮遊生活を送るため、着底してもまだ頭にデカいウロコのような骨が残ってるヤツがいるそうです。なので、じーと見てみましたが良くわかりませんでした。でも、写真で見ると骨、付いてますね。そーとわかれば「頭が少し角ばっていたような。」などと思えてきます。(^^
(2010-08月 大瀬崎 -6m)

チョウチョウウオこのくらいの若魚が、黄色の発色も良くて一番キレイに感じます。若魚ステージで一番キレイってサカナは案外少ないものです。
(2007-09月 IOP -7m)

お勧め Watching Point

夏にはチビがあちこちで見られるようになりますが、当たり年と少ない年があります。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク