海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ブダイの仲間

Izuzuki Diver

ハゲブダイ

Chlorurus sordidus

ハゲブダイ
2010年12月 大瀬崎 -8m

「今週の〇〇~!! 第427回 せっかく種類が判明しても・・・(2010-10-11)」より
2010年の伊豆は死滅回遊魚の当たり年で、今まで伊豆では聞いたことの無いようなサカナがいろいろ見られているようですが、岬の先端@大瀬崎の浅場もいろんなブダイのチビッコに溢れていて、個人的にはアツイものがあります。でも、片っ端から種類がわかりません。そのうちわかる日も来るサとばかりに片っ端から撮影するのみです。そんな中でも、すぐに種類が判明したのがコイツ!!ハゲブダイです。やっと名前がわかるヤツがいたと思ったらハゲ・・・だなんて、、、サカナには罪が無いけどちょっとガッカリです。。。
(2010-12少しまともな写真が撮れたので入れ替えました)

ハゲブダイの少し育った幼魚尾ビデが白くなって付け根に黒い点が付いてるステージを見ると、体型とか色味が同じなコイツもハゲブダイと言っちゃって良さそうです。
(2010-10 大瀬崎 -2m)

小さめのハゲブダイ・・・とすると、コイツもハゲブダイのようです。ヒレが切れやすいのもハゲブダイの特徴なのでしょうか?
(2010-10 大瀬崎 -2m)

黒斑が目立たないハゲブダイコイツは一見ブダイの一種3に見えるんだけど、ウロコの先の方に褐色の斑がありません。そー思って尾びれに目をやるとうっすら黒斑があるような。。。体型も少しずんぐりしているような。。。
(2010-12 大瀬崎 -6m)

尾柄が白っぽくて黒斑があるのがハゲブダイygの特徴だと思いますが、尾柄が黒くならないヤツラもいるみたいな。。。

激しくシマシマなハゲブダイこんなにハッキリ縞々が出てるヤツがハゲブダイだとは思いませんでした。当サイトではずっと不明主でしたが、Facebookでどーらさんに尾が白くて黒斑がある体色とコイツとの中間的な色を出してるヤツの写真を見せていただき、納得しました。(^^)
(2010-12 大瀬崎 -7m)

おでこから背ビレにかけてのウロコの数(背鰭前部鱗数)が4で、胸ビレナンジョウ数が14ってものハゲブダイに一致しています。。

お勧め Watching Point

岬の先端の棚の上に屯ってました。

レア度

★★★☆☆:出会えるとちょっと嬉しい!

スポンサーリンク