海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ベラの仲間

Izuzuki Diver

キスジキュウセン

Halichoeres hartzfeldii

キスジキュウセン
2010年10月 大瀬崎 -7m

大瀬崎にも白い砂のエリアがあって、そこには毎年のようにキスジキュウセンがやってくるのですが、ここのキスジキュウセンは白いボディに金色のスジが鮮やかに見えます。そして、写真に撮って見ると、白いボディに今度は水色まで浮き上がってきます。1匹で2度キレイな、大変お得なサカナですね。

キスジキュウセンこのサカナを初めて認識したとき、IOPの転石の砂場水深15mぐらいに10匹ぐらいの群れを作ってました。
あまり見かけない魚のような気がしたんで、写真を撮ってみたんですが、僕の手元の図鑑ではなんだかわからなかったんです。
だもんで、名前不明の魚としてHP上にも載せてたんですが、別の図鑑を見たら一発でキスジキュウセンだということが判明しました。名前教えてくれた人、ありがとう。お騒がせしました。m(__)m
このように、いつも潜ってる海でも「ハテ、こんなのいたっけ?」って魚が、平然と泳いでるようなことがよくあります。
(1998-12 IOP -15m)

キスジキュウセンyg伊豆でよく見かけるのは、白地に黄色いラインのイメージです。
(2007-11 IOP -30m)

イトベラ真ん中の線が赤いコイツは数もやたらとたくさんいるし、絶対イトベラのチビだと思ってたんですが、ふと気になって臀ビレの軟ジョウを数えてみたら11本・・・キスジキュウセンだったんだね。(^^;;
ちなみに、イトベラは臀ビレの軟ジョウが10本なのだそうです。
(2004-09 IOP -25m)

「今週の〇〇~!! 第217回 なんじゃベラ(2004-10-26)」より
イトベラyg数年前に初めて出会った当時は、学者さんに聞いてもわからなくて、謎のベラじゃ~!と盛り上がったのですが、実はその後もちょくちょく会えていました。
砂地の石とかに生えてる赤い海藻に隠れていて、数がたくさんいるってことから、状況証拠的にイトベラのチビだったみたいですね。
イトベラのチビと言えば白い体に鮮やかな赤いラインが特徴ですが、赤い海藻に隠れる時はこんな色になっちゃうのですね。きっと。
(2004-10 IOP -18m)

なんて言ってたのですが、今にして思えばキスジキュウセンですよね。

お勧め Watching Point

死滅回遊魚のシーズンになると、IOPの砂地の中の岩には必ず棲んでるイメージです。

レア度

★★☆☆☆:季節や環境を選べば出会える可能性大!

スポンサーリンク