海の生き物大図鑑(笑) > 伊豆のサカナ > ベラの仲間

Izuzuki Diver

イラ

Choerodon azurio

イラ
2013年6月 大瀬崎 -22m

僕がダイビングを始めて最初に知り合った(?)魚です。すごく人なつっこい魚で、ダイビングをしてると、餌かなんかもらえると思ってるのか、少し遠巻きにうろうろしてることが多いです。最初は、でかいウロコと派手な色したブキミな魚だと思ってたんですが、潜るたびにおんなじ奴が同じところをうろうろしてるので、なんとなく親近感が沸きます。よく見れば顔もなかなかかわいいじゃないか。

聞いた話では、食べてもおいしいとか。。。。

イラygイラの子供はオトナとは全く違う地味なサカナです。
オトナと子供で色が全然違うサカナって多いけど、子供のころはキレイでオトナになると汚らしいサカナがいるかと思えば、コイツラみたいにオトナの方がキレイなのもいるから面白いですね。
イラの子供が地味なのは、オトナの縄張りに入り込んでも攻撃されないためなのかな?
(2012-04 大瀬崎 -33m)

イラコイツがイラのチビだってわかったときは、正直ちょびっとガッカリでした。もっと違うものかと思ったヨ~。
でも、コイツは1cmぐらいでしたが、このサイズだと背ビレが立ってて全然印象が違うんですね~。(言い訳)

イラ寒さにはあまり強くないみたいで、冬になると岩の亀裂でうずくまってたりします。僕に覗き込まれて、写真を撮られて、かなり困ってる様子ですが、アオブダイみたいに突然飛び出してくることはありませんでした。(^^;;

お勧め Watching Point

伊豆の岩礁にはどこにでもいますよ。南の海では見たことないなぁ。オトナは浅いところでも見かけますが、子供はちょっと深いゾ~。

レア度

★☆☆☆☆:伊豆で周年会える普通種です。

スポンサーリンク